母親の姉の汚部屋を片付けた結果。

段々と身内の高齢化に伴い、色々な整理をしていく事が増えてきましたが、近年で一番片付けに苦労をしたのが、実の母親のお姉さんの汚部屋でした。
母の姉はとにかく物が捨てられない性格で、遊びに行く度に未だに物が増え続けているので、母と2人でこれはとても危険な事だねと話をしておりました。
そんな母に姉が戸建てを売却して、マンションに入る事になったので、全力でそのサポートをする運びになりました。

引越しまであと1週間に迫っても、とにかく物を捨てたくないと言い張るので、最終的には母と2人で、姉に隠れてどんどん物を処分したのですが、それでも追いつけず、最終的には引越しの不用品を引き取ってくれる業者さんに依頼をする事にしたのです。
最初は業者さんに頼んでも、どれくらいかかるか不安でしたが、結果的に、本当にあっけなく、スピーディーに片付けが済んだので、本当に助かりました。
今後も身内の高齢化により、処分するものが増えると思うので、その時はまた業者さんにお願いして、片付けてもらうつもりです。