友人の汚部屋掃除の手伝い

部屋がゴミだらけの友人がいます。たまに遊びにいくのですが、いついっても床やテーブルの上にゴミが落ちていて、捨てるのを忘れたのかゴミ袋がいくつかおかれています。人の部屋なのでゴミのことはこれまで指摘してこなかったのですが、遊びに行くたびに汚れを目にして不快だったので部屋の片づけについて聞いてみました。
すると、好き好んでゴミがあふれているのではなく、部屋をどう片づけていいのかわからずゴミがたまってしまったことがわかりました。何度か掃除を試みてみたのもの、「今度こそは捨てるぞ」と思っても片づけを開始すると「やっぱりこれは必要かも」と思って捨てられないのだそうです。
本人が困っているようだったので掃除の手伝いをすることにしました。いらないもの、いるもの、どちらかわからないものにものを分けて片づけをしていきます。この方法だとどれを捨てていのかはっきりするし、捨てることが惜しいものを保留にしておけるので、片づけしやすいと友人に言ってもらえました。
ごみを捨てただけで片づけ前とは見違えるような部屋になりました。